今年度の方針と会長挨拶
ホーム ] 会長メッセージ ]
 
本年度の計画及び目標

2001〜2002年度
桐生ロータリークラブ

会長 藤江 聰吉


 このたび、創立49年の歴史と伝統に輝く桐生ロータリークラブの会長に就任いたしました。 期待に満ちて迎えた21世紀は一段と厳しい状況の中にあります。この社会情勢の中、地区・ クラブ共その運営に一層の叡智と工夫が要求されています。この様なときにあたりクラブ会長 としての責任の重さに身の引き締まる思いを致しております。先輩諸兄のご指導とご協力を 仰ぎながら、一年間、奉仕の理想に向かって努力してゆく覚悟でございます。どうぞよろし くご支援お願い申し上げます。
 本年度RI会長リチャードD.キング氏が発表した2001〜2002年度のテーマは
人類が私たちの仕事                     
   Mankind is our Business
であります。キングRI会長は、このテーマに基づき2つの制約と4っつの挑戦目標を提示しております。

第1の誓約 世界的なロータリーの拡大強化
第2の誓約 意欲ある人材の発掘と強化


この2つの誓約のもとに全地区・全クラブに4っつの挑戦目標が示されました。

  1. 会員増強・退会防止。
  2. 新会員の啓発誘導、クラブ内での教育。
  3. ロータリーに対する公共的イメージアップ。
  4. ロータリー・クラブの強化拡大。

 2840地区清ガバナーはキングRI会長の提言に基づき2840地区の『私たちの仕事』を以下
の様に定めました。

1、会員増強・退会防止・拡大
◎女性会員100人計画の推進 ◎新会員毎月一名増 
◎年度末5名の純増◎新クラブ設立3
2、シンボルマーク『ロータリーの歯車』を地域のすみずみまで根付かせる。
3、ロータリーからマンネリズムを排除を。
4、ロータリー財団・米山奨学・緊急援助への寄付増進とプログラムへの参加。
5、新世代教育問題にロータリーが積極介入を。

HOME

 

Copyright (C) 2001 Kiryu Rotaly Club