2005〜2006年度の方針と会長挨拶


本年度の計画及び目標(2005-2006年度)
会 長  舘 盛治 

 2005ー06年度のカール・ヴィルヘルム・ステンハマーRI会長の発表したテーマは「Service  Above Self」超我の奉仕です。   これは、ロータリーの原点を確認し、過去からの継続を維持しつつ、未来に向けて進むロータリ ーの「奉仕の理想」を端的に示します。自己を高め、他人に奉仕する決意を表明する標語です。   曽我 一ガバナーが第二世紀を迎えたロータリーは、今大きな危機に直面 しています。その危機 の本質は、ロータリーの原点が見失われ、ロータリーの魅力が喪失しつつあることです。その結果  が会員の減少となっていると述べています。この危機を打破する為には「クラブ強化」が必要です。 クラブ リーダーシップ プランを推進し、クラブ組織を簡素化・効率化して先ず「クラブの活性化」 に繋げ、魅力あるロータリークラブにすることが今年度の方針です。

今年度の目標としては、
  1. 「超我の奉仕」RIテーマの推進
  2. クラブ リーダーシップ プラン(CLP)によるクラブ組織の強化
  3. クラブ活性化のため会員増強委員会を強化し、会員純増3名を達成する
  4. RI第1890地区(ドイツ北部)との研究グループ交換(GSE)を成功させる
  5. ロータリー財団委員会、米山奨学委員会の寄付目標の達成
  6. 桐生RC総合企画特別委員会を横断的に編成し、クラブ リーダーシップ プラン「CLP」に基づき、委員会構成の再編、クラブ細則の改定や組織強化(本年度はCLPの理解と摘要、検討の移行年度となる)クラブ運営の簡素化、効率化、会員のロータリー活動に対するモチベーションの確立等の「クラブの活性化」のキーワードになる基本と未来に向けてのビジョン作りを推進する
  7. 情報処理委員長にCICO(クラブ インターネット コミュニケーション オフィサー)をお願いし、地区のインターネット通 信に適応する(HP設置・更新済)

 

Copyright © Kiryu Rotaly Club