2010〜2011年度の方針と会長挨拶


本年度の計画及び目標(2010-2011年度)
2010〜2011年度会長 塚 越 紀 ヘ
幹事/本田 雄一郎

会 長
  塚 越 紀 ヘ 

 この度、2010〜11年度の会長に就任させて頂き、身の引き締まる感がしております。どうぞ一年間、よろしくお願い申し上げます。
 今年度のIR会長は、米国ミズーリ州カークスビルの「レイ・クリンギンスミス」氏です。
 氏は、今年度のテーマとして「地域を育み、大陸をつなぐ」を掲げました。これは、「ロータリアン以外の人々にロータリーの目的を説明すること」と「ロータリアンにロータリーの原則の重要性を再認識してもらう」の2つの目標を満たすテーマとなります。
 氏は、ロータリーの現在の使命を表し、私たちの業績を強調する為に、私たちが得意とすることを表現していると述べています。
 桐生ロータリークラブとしても、この理念を活動の基盤に置いて実践してまいりたいと思います。 


 地区ガバナーは、前橋西ロータリークラブの「福田一良」氏です。その地区運営理念と して、4項目を提示されました。

  1. 地区委員は、ロータリーの哲学を再認識し、理解を深めます。
  2. あらゆる機会を捉え、ロータリーの価値を広く地域社会に知らしめます。
  3. 他の組織に見られない優れたロータリーの特質で、地域社会の期待に的確に応えるとともに、人的資源を提供します。
  4. 大局観を基底に将来の方向を明確にし、長期計画を立案します。

 又、地区運営方針としては、5つの方針を示されました。
@ 会員増強

  1. 地区活動
  2. 研修
  3. 広報
  4. 21世紀デザイン室

 これらは福田ガバナーが地区運営を行う行動の旗印として掲げられた「自由と清新」の元で、規約や活動ルールの変更を恐れてはならないとの考えにより、運営されて行くものです。
その具体的な目標事項として、次の項目があります。

  1. 2010−11年度会長賞の挑戦
  2. クラブにおける長期計画の立案と推進
  3. クラブ合同奉仕プロジェクトの推進
  4. 数値目標
    1. 会員純増        1名以上     
    2. 出席率         90%以上
    3. ロータリー財団     1人$100以上
    4. ポリオ撲滅       1人$24以上
    5. 米山奨学金       1人15,000円以上

 桐生ロータリークラブにおいてもこれらの目標を完遂すべく、各委員会等と連携をとり、活動してまいりたいと思います。
又、ロータリークラブの自治権は各クラブにあるということからも『クラブ細則の見直し』を実行し、それに加え『広報の重要性』を認識し、積極的にその活動を行い、これら実現を計ってまいりたいと思います。
 これは、全会員のご理解とご支援がなくしては達成し得ないものと考えております。
 ぜひとも、会員皆様方のご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


 

Copyright © Kiryu Rotaly Club