2015〜2016年度の方針と会長挨拶


本年度の計画及び目標(2015-2016年度)

2015〜2016年度 会長  堀  明

幹事/桑原 志郎

現況報告書   現況報告書オリジナル

この度、2015〜2016年度の会長に就任させて頂き、当クラブの伝統と歴史に身の引き締まる思いと同時に責任の重さを痛感しています。会員皆様の温かいご指導ご協力を頂き、一年間頑張りますので宜しくお願い致します。

今年度のRI会長は、スリランカ出身の「K.R.ラビンドラン」氏です。
ラビンドラン氏は、今年度のテ−マとして「世界へのプレゼントになろう」を掲げています。

 私たちの人生には、いつか終わりが訪れます。しかも、終わりは思ったより早く来るものです。この限られた人生をどのように過ごしたらいいのでしょう。
 ロ−タリ−の栄光は、人生で本当に大切な事に目を向け、私たち自身が世界への贈り物となる方法を見つけ事で、より充実した意義ある人生を送れるよう、私たちを導いてくれるのです。
 友人に何を求めるかを考えると、必ずしも自分と似た人ではなく、自分にないものを持っている人、自分のいいところを引きだしてくれる人です。私は、ロ−タリ−がその特徴を備えていると思います。ロ−タリ−は、私たちの資質を引き出し、それを人生で生かす道を見つけてくれます。
 私たちは往々にして、あまり意味のない事に捕われて毎日を過ごし、物を手に入れるために身をやつします。しかし、私たちがこの世を去った後、人が思い起こすのは、私たちが生前乗っていた車でも、着ていた服でも、肩書きでも、役職でもありません。私たちの人生の価値は、どれほど得たかではなく、どれほど与えたかによって判断されるのです。実際に何かしてあげましょう。社会から享受するだけでなく、社会に貢献しましょう。
 才能、知識、能力、努力、そして献身と熱意など、誰でも与えることのできる何かを持っているはずです。私たちは、ロ−タリ−を通じて、これらを世界にプレゼントすることで、誰かの人生に、そして世界に、真の変化を起こすことができるはずです。己の才能は、天から授かったものと言われます。ですから私たちは、その授かりものをお返しするのです。ロ−タリ−を通じて私たちは、いつまでも続く、本物の何かを残すことができるでしょう。

 地区ガバナ−は、沼田中央ロ−タリ−クラブの生方彰氏です。

 生方ガバナ−は、地区スロ−ガンとして、「奉仕・真実・喜び」を掲げました。

 奉仕とは、無償で行う活動や物販の安売り等と思っていました。そういたしますと職業奉仕はどのようにしたら良いか、たどり着いたのが「奉仕とは喜んでいただくこと(喜びを与えること)」喜んでいただく相手は家族、社員、お客様、ロ−タリアン、世界の人々です。と言われています。
 真実とは、嘘や偽装のないこと、と四つのテストの実践であります。と言われています。
 喜びとは、「奉仕(喜んでいただくこと)+ 四つのテストの実践 = 喜びで返る」であります。「最も喜びを与えるものは、最も多くの喜びで返る」と言われています。

 ロ−タリ−の原点と進化
 ロ−タリ−の原点は、「奉仕と親睦」であります。「超我の奉仕」・「四つのテスト」等を加え進化してきました。原点と進化を学びロ−タリ−活動に生かしていきましょう。言われています。

 ロ−タリ−を自ら学ぼう
 クラブの活性化は、ロ−タリ−を知ることから始まりのです。ロ−タリ−は教えるところではありません。自ら学ぶところであります。ロ−タリ−を学び、実践したら間違いなく豊かで喜びに満ちた人生がおくれると思います。と言われました。

T 地区目標
1.会員増強 
 (1)地区全体で.2,000名台の会員数に回復させる。
 (2)地区内全クラブで純増を達成する。
2.未来の夢計画
 (1)地区内全クラブが地区補助金対象事業を申請する。
 (2)毎年3クラブ以上がグロ−バル補助金を申請する。
3.寄付目標(数値目標)
 (1)ロ−タリ−財団年次寄付 一人当たり150ドル以上
 (2)ポリオプラス寄付 一人当たり毎年20ドル以上
 (3)米山記念奨学会 一人当たり毎年16,000円以上
4.ロ−タリ−研修
 (1)地区およびクラブはロ−タリ−研修の強化・充実を推進する。
 (2)クラブはRLIセミナ−に積極的に参加する。
5.公共イメ−ジ
  クラブの地域に対する発信を活発化し、クラブの存在価値を高める奉仕プロジエクトを積極的に開発・推進する。
6.青少年奉仕
  青少年奉仕部門のRI常設プログラムを充実させると共に、「子供の未来を育む」活動を推進する。
7.奉仕の理念
  ロ−タリ−の目的である「奉仕の理念の奨励・育成」をロ−タリアンとして、またクラブとして実践する。
U ロ−タリ−誕生111年(2016年2月23日)並びに2840地区15周年の節目の年になります。そこでこれを記念して長期間に亘りロ−タリ−活動にご尽力頂きました諸先輩に感謝と敬意を表し、表彰を行います。
V IMを開催し、更なる親睦をはかり、ロ−タリ−の未来を語り合いましょう。
W ロ−タリ−の原点と進化を学びましょう。
X RLI推進委員会を新設し、RLIの拡充を図る。

桐生ロ−タリ−クラブもこれらの地区目標を達成すべく、各委員会と共に 努力していきたいと思います。

 桐生ロ−タリ−クラブに於いても、生方ガバナ−の述べている奉仕を行う事の喜びを全会員で体感する為に、「地域社会貢献奉仕活動を実践しよう」  次世代を担う青少年と共に・・・・・を合言葉に行なってまいります。

  桐生市には、様々な奉仕活動団体がたくさん有ります。その団体とコンタクトを取り協同で活動する又は支援する方法を見出し実践して行きたいと考えています。一つは、宝田先生が行なっている小学生を対象にした未来創生塾への援助計画を進める。又RIの夢計画の実践する為、今年度は、桐生市内を観光する目的の観光客や市民が買い物に利用する為の電動自転車を桐生市に寄贈する。その事により全会員が地域社会に関わり体を使った奉仕を行い喜びをあじわって貰いたいと考えています。
  又、提唱クラブのロ−タ−アクトクラブ・インタ−アクトクラブの青少年と地域で生活している青少年と全会員で栃木県足尾銅山への植樹を行う社会貢献奉仕を実践して足尾の山を緑にする。青少年の為の伝統芸能等の日本文化を勉強する会を行う青少年の社会課見学を実践したいと思っています。
  今年度、久しぶりにRIプログラムの青少年交換学生の受入れをする事になりました。アメリカからの高校生を預かります。日本の歴史・文化を理解して頂き日本でのより良い生活が送れるようサポ−トしたいと思います。
  東日本大震災の被災地への援助を見直す時期になっていると思います。当クラブでも、南三陸地域との縁が有ります。考えて見てはいかがでしょうか。
 
「最もよく奉仕するもの、最も多く報われる」 を心に秘め楽しいロ−タリ−ライフを送りましょう。 会員の皆様の協力を頂き、一年間努力をしたいと考えています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

  事業計画及び目標

  1. 会員の退会防止と会員増強をはかる 会員70名以上
  2. 例会を充実させ、楽しみ、親睦をはかる
  3. 奉仕を通じて地域社会に貢献する
  4. 奉仕を通じてロ−タリ−クラブの公共イメ−ジアップを図る
  5. 未来の夢計画を実践し社会貢献を計る
  6. 青少年奉仕プログラムの充実を図り、共に奉仕活動を実践する
  7. 青少年交換学生(RI常設プログラム)の受入れとピ−アールの実践をする

 

 

 

Copyright © Kiryu Rotaly Club